不動産事業Real Estate

弊社では、顧客である個人富裕層に対し、顧客の視点に立ったワンストップサービスを提供しています。

日本各地の資産家、上場企業のオーナー及びその資産管理会社の相続対策、資産運用や有効活用等、幅広い個人及び法人をお客様としており、強固な信頼関係に基づく長期に渡るお付き合いを志しております。

お客様に対しては、私どもの日本全国に及ぶ豊富なネットワークを駆使し、顧客の資産状況を考慮し最適な不動産をご提案しております。
また、不動産の取得に際しては、設計・建築会社、ビル管理会社、賃貸管理会社など、
各専門家との豊富なネットワークを活かし、案件毎に最適なチームを結成し、良好な不動産の経営並びに収益改善に努めております。

お客様にとって不動産は、運用により資産を増やす【攻め】の商品である一方で、インフレリスク、為替リスク等から
資産を保護してくれる【守り】の商品でもあります。
我々は常にこの両面を大切にし、お客様がバランスの取れた最適なポートフォリオを形成出来るよう、サポートして参ります。

業務内容BUSINESS CONTENT

01

ポートフォリオアレンジ業務

お客様の資産状況を考慮し、最適なポートフォリオ形成のための不動産の提案を行います。

  • ・どの程度の金額を不動産投資に充てたら良いか
  • ・どのようなアセットタイプ(住宅、オフィス、商業等)を選択したら良いか
  • ・どこに投資するべきか(都心、地方、海外等)

等を、お客様ごとに判断し、案件のソーシングを実施します。

02

不動産最適化業務

案件によっては、不動産の取得段階において、顧客がそのリスクを取る事が出来ない、或は弊社としてそのリスクを排除したい場合があります。
こういったケースでは、弊社で一旦取得しそのリスクを排除、商品化した上でお客様のポートフォリオへ組み入れております。

〈具体例〉

  • ・建物付の土地を取得するが、立地等から解体リスクが伴う場合
  • ・テナントに対し訴訟リスクが伴う場合

03

アセットマネジメント業務

お客様が不動産を取得した後は、弊社の知識とネットワークを駆使し、良好な不動産経営を目指します。

ハード面のバリューアップ

  • ・リノベーション
  • ・コンバージョン
  • ・遵法性の回復

ソフト面のバリューアップ

  • ・賃料・コストの適正化
  • ・テナントの見直し
  • ・オペレーションの見直し

04

テナントリーシング業務

お客様から、「リーシングの活動データが不透明である、何が結果に結びついているのかわかりづらく、対策が取りづらい」というご意見をたくさん頂きました。また、我々も、日々不動産業務に従事する中で、不動産業界全体のIT化の遅れに対し強いストレスを感じておりました。 そこで、まずは顧客のニーズを満たすためにも、ITの力を駆使し、徹底的にリーシングの細分化、データ化をはかり、「見える化」に努めております。